自己破産

札束を燃やす人々

世の中には札束で暖をとるふざけた人々がいます。
1万円札や千円札、5千円札は火をつけるとよく燃えます。

 

超成金のひとが昔やっていたのですが、そんなことをするのなら寄付をすればいいのにと
思ったことがあります。しかし寄付をするのでは自己満足や人の役に立ったということで、
全く無駄には出来ません。お金を無駄に使うということが究極のテーマだったようで、
捨てるのだと、やはり拾った人が大よろこびして大儲けすることになるので、
無駄にはなりません。

 

だから敢えて、燃やしてしまおうと思ったようです。彼は奇人変人の類ではないのですが、
あまりにも急激にお金を稼いでしまったのでちょっとおかしくなってしまったのでしょう。

 

それから昔株式投資のデイトレードで億単位の利益をだして高層ビルの上から札束を
ばら撒いた人もいました。
まるで漫画のような事を実際にしてみたくなったんでしょうね。
漫画やドラマのシーンでそういうのを見たことがある人もいると思いますが。

 

やはり、人間自分の想定範囲外のお金を急激に稼いでしまうとある意味奇行に走ってしまうようです。
急激に借金を作ってしまった人も同じく奇行に走ってしまいます。

 

これは両極端ですが、中道を歩んでいた人のハリが急激に狂うことで生じる、
あるいみ人間がバグった状態とも言っていいのではないでしょうか。

 

私も大きな借金を抱えて自己破産寸前ですが、自分自身のメンタルを正常に保って、
決しておかしな行動を起こさないように自制心をもって生きていきたいと思いました。